これまでの記事

季節はいつのまにか夏

みなさんこんにちは🙂志向館英語科の山城です🤓さてコロナ騒ぎで静かだった街も段々と活気付いてきましたね🥺 去年の夏はアイキャッチ画像にも出てますがこの頃は防衛大学の説明会があったりとイベントが行われることも多いのですがそれ

続きを読む »

GTEC-CBT対策を行います。

皆さんいかがお過ごしでしょうか。志向館で英語の指導をしている三木陽平です。 7月12日に開催されるGTEC-CBTの直前対策講習を行います。 Speakingに特化して、4日間で大幅な点数上昇を見込める画期的な講習です。

続きを読む »

夏の到来を前に

緊急事態宣言が解除されて1か月弱が経過し、日常生活もようやく落ち着きを見せ始めています。志向館で例年実施している6月の懇談会は延期となり、夏休み期間中の夏期講習については現在検討中の段階です。決まり次第お知らせ致しますの

続きを読む »

「ヒトの社会を壊す」もの

 以前、ウイルスと細菌との違いについて書きましたが、自分で分裂などしないウイルスはどうやって増えることができるのでしょうか。    まず、生物は常にDNAの情報をもとに、体を構成するタンパク質を作り出しています

続きを読む »

「ヒトの社会を壊す」もの


 以前、ウイルスと細菌との違いについて書きましたが、自分で分裂などしないウイルスはどうやって増えることができるのでしょうか。
 

 まず、生物は常にDNAの情報をもとに、体を構成するタンパク質を作り出しています。ウイルスは細胞に入り込み、他の生物のDNAに自分の情報を付け加えることができるのです。そうするとウイルスに取りつかれた生物は自分のタンパク質を作るつもりで、実はウイルスのタンパク質を作ってしまうことになるのです。さらに、作り出された新たなウイルスは細胞の外に出るときにその細胞を壊して出てくるのです。
 

 ちなみにPCR検査とはウイルスにより付け加えられたDNAの一部を検出する方法です。特定の部分が含まれると必ずウイルスの侵入があったことがわかります。
 

 ヒト~ヒト感染をするウイルスはヒトの中で増殖し、ヒトに移ります。そのため、今回の新型コロナウイルスは人間の社会生活を変えるほどの打撃を加えました。もちろん志向館もその影響を受けています。現代の人間の社会生活はウイルスに対して弱い部分があったことを思い知らされたのです。
 

 志向館 生物・化学担当 徳野